探偵や盗聴器発見業者に騙されない方法!

もしかして我が家や私の部屋に盗聴器が仕掛けられているのでは?と疑った経験は誰にでも一度は経験したことが有る筈。

TVドラマやワイドショウ番組などでも時々その様な内容の放送が最近増えてきたと思いませんか?

実はこの盗聴と言う行為は「盗聴器」と呼ばれる小型のブラックボックスと「ワイドバンドレシーバー」成るものを購入する事により誰でも簡単に手を染めることが出来てしまうんです。実に

恐ろしい事ですが、これでは「個人のプライバシーも何も有ったものでは無い」と不安に陥るのはまだ早いです。

この「盗聴器」成るもの今やネット通販や日本の大手電気街(秋葉原)などへ行けば誰でも手続なしで購入出来てしまいます。此れは大変猶予すべき問題なのですですが、実はこの盗聴器、或るデータ調査機関の調べによると年間30万個もの台数が毎年売られ続けており、それはどの家庭に有ってもおかしくないと言う計算にまで成って来ています。

全く何も知らない素人が突然盗聴器発見の準備を始めた所で、まず盗聴器は発見されません。それその物が使う周波数の知識や電波の伝達や伝搬の知識、変調方式と言った本格的な難しい知識が必要になってくる事間違いなしです。さらに追い打ちをかけてワイドバンドレシーバの操作と言った操作の知識は中々素人には敷居が高くて、その操作をマスター又は理解する為に、数日掛かる人もいるぐらいです。


盗聴器発見業者や探偵を選ぶ上で何を基準にして選べば良いのか?

盗聴器の発見には電波の特性や振る舞い方などを十分理解している必要が有ります。それには電気関連や無線関連の資格「第四級アマチュア無線技士」と言った様なものです。此れが有るか、無いかでその業者の調査する基本的能力の大凡が判別できます。(情報安全管理士、通信傍受対策技士と言った名前の資格も一部で存在していますが、此れは電気工学とは無縁の盗聴器発見のノウハウだけを教える民間(NPO法人)資格ですので、此処では資格としてはカウントしません。又、探偵業届け出済、社団法人日本調査業協会加盟等は別の事を意味します。)

GOOGLEで「盗聴 発見」と入力すれば約625,000件の検索データがヒットして来ます。この中でトップ10の業者を調べても無線資格を持つ業者は一つも出て来ません。この検索エンジンによく出てくる業者は検索エンジン最適化の技術で前に出て来ているだけで有って、決してGOOGLEが推薦している訳でも調査力が突出している訳でもないものがほとんどです。ーここが重要ー

調査力は何で決まるか?調査力を比べる上で何より重要なのは「どれだけ調査時に有効な調査機材等を持つかースペアナや受信機などの分野での高性能な調査機材力」と「どの様な盗聴器に対しての専門(専用)の調査機材類(調査機材で調査する項目が多いか)を揃えるか」と言った調査機材の「質の部分」と「量の部分」を取りそろえているか?それがまず第一条件と言えるでしよう。

盗聴器を撤去するには専門の資格が必要と言う事をご存じでしょうか?仮に盗聴器が発見された場合、設置された場所が電話回線上に有ればAI、DD3種以上、又はアナログの工事担任者以上の国家資格が必要に成ります。また電気配線上(コンセントから先は除く)に仕掛けられた場合には第二種電気工事士の国家資格が必要に成ってきます。

電気、無線などに関するある一定レベル以上の国家資格は有った方が良い。この様な資格はその分野での有る一定の水準の知識を持ち合わせる事を国が保障する免許ですので、此れを持ちう合わせた業者はその資格に応じた専門的知識が担保される為、あいまいな専門業者や探偵等と区別させる為にも今後重要な要素に成る可能性が高いです。なお、日本の法律上盗聴器の発見や撤去の業務には今の所一定の決まった法律的規制は有りませんが、調査する業者が何ら盗聴器の調査業務に関する専門知識的担保も無いまま「専門のプロ」などと書かれたHPをよく見かけます。此れは彼らが自称しているだけの専門家であり、実際どこまで本物の専門家なのかはHPの記載内容を良く観る以外に見分ける術は無さそうです。


探偵

1、探偵(たんてい)とは、他人の秘密をひそかに調査する行為、またはそれを仕事とする人の事である

2、日本で探偵業を営むには「探偵業の業務の適正化に関する法律(以下、探偵業法)」によって、営業所・事務所・会社の所在地を管轄する警察署を通じて公安委員会への届出が必要となっている

一部wikipedia探偵より抜粋

リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク リンク


inserted by FC2 system